クラウドサービスの安全・信頼性に係る情報開示認定制度とは

クラウドサービスの安全・信頼性に係る情報開示指針の策定の経緯

総務省では、ASP・SaaS、IaaS及びPaaS等のクラウドサービスの普及に伴い、利用者によるクラウドサービスの比較・評価・選択等に資する情報に対するニーズに対応するため、ASPICと合同で設立した「ASP・SaaS・クラウド普及促進協議会」における検討を踏まえて、サービスに関する情報開示を推進するとともに、利用者によるサービスの比較・評価・選択等を容易にすることを目的として、「クラウドサービスの安全・信頼性に係る情報開示指針」と総称する各情報開示指針を順次策定し、公表してきました。

クラウドサービスの安全・信頼性に係る情報開示認定制度の創設

クラウドサービスの情報開示認定制度は、上記情報開示指針に基づき、制度化されたもので、5つの制度を総称して、クラウドサービスの安全・信頼性に係る情報開示認定制度」としています。

クラウドサービスの安全・信頼性に係る情報開示認定制度の活用

この制度は、クラウドサービスの利用を考えている企業や地方公共団体などが、事業者やサービスを比較、評価、選択する際に必要な「安全・信頼性の情報開示基準を満たしているサービス」を認定するものです。
認定制度により、安全・信頼性に必要な情報開示への需要が高まり、認定を受けたサービスを提供する事業者は、さらにユーザ獲得の機会が広がります。 認定したサービスに対しては、「認定証」および「認定マーク」を発行します。事業者はウェブページ、広告、取引書類等に表示することができます。

クラウドサービス安全・信頼性に係る情報開示認定制度の成り立ち

クラウドサービス安全・信頼性に係る情報開示認定制度の運営体制

ページの先頭に戻る